未分類

美味求真

木下謙次郎が大正十四年一月に発表した随筆。
人により美味や味の好みが異なることが、様々な歴史的事例から語られていて
多くの人が共有する味覚の幅の中から食における真の味覚を追及することが可能であると論じている。
ちなみに現代和食は伝統、伝承、秘伝を否定することがトレンドになっています。